車のサイズを比較


レヴァンテ ハイブリッド GT と、ランドクルーザー250 VX ディーゼル を比較


レヴァンテ ハイブリッド GT の方が 9.5cmだけ長く、100kg軽い

<車選択 1台目>

マセラッティ

レヴァンテ ハイブリッド GT 2022- 16684

<車選択 2台目>

トヨタ

ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024- 8857
#レヴァンテ ハイブリッド GT 2022- + ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024-



#レヴァンテ ハイブリッド GT 2022- + ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024-
#レヴァンテ ハイブリッド GT 2022- + ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024-

レヴァンテ ハイブリッド GT は、通常の機械式立体駐車場には、入りません。
もし立体駐車場を探すときは、駐車スペースのサイズをよく確認してください。

機械式立体駐車場の一般的なサイズ
全長:5000〜5050mm
全幅:1800〜1850mm
全高:1550〜1750mm
重量:1700〜2000kg


サイズ比較
レヴァンテ ハイブリッド GT の方が 9.5cmだけ長く、100kg軽い

A : レヴァンテ ハイブリッド GT 2022-
B : ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024-

車種名 長さ 高さ
A 5020mm 1985mm 1680mm
B 4925mm 1980mm 1925mm
+95mm +5mm -245mm
車種名 車重 ホイールベース 最小回転半径
A 2280kg 3005mm 5.9m
B 2380kg 2850mm 6m
-100kg +155mm -0.1m
車種名 荷室容量 乗車人数 最低地上高
A 580L 5 248mm
B L 7 215mm
+580L -2 +33mm

車種名 価格 WLTC燃費
A 1183万円 0km/L
B 630万円 11km/L
+553万円 -11km/L

最高出力比較
エンジンの出力は、レヴァンテ ハイブリッド GT の方が 93kW(126PS)も出力が高い

A : レヴァンテ ハイブリッド GT 2022-
B : ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024-

車種名 エンジン出力 エンジントルク 排気量
A 243kW(330PS)450Nm1995cc
B 150kW(204PS)500Nm2754cc
+93kW-50Nm-759cc

EV性能比較
車種名 駆動バッテリー容量 航続距離 0-100km加速
A kWh km 6sec
B kWh km sec
+0kWh +0km +6sec



マセラッティ レヴァンテ ハイブリッド GT 2022- 16684
車メーカーWEBサイト
マセラッティ初のSUVの48Vマイルドハイブリッド車。全長は5mを超える車体で、重量は2.2トンを超えるが、直列4気筒2000ccとモーターを組み合わせたエンジンになる。マセラッティといえば、V6やV8のエンジンのイメージだが、マセラッティもだいぶエコカー方向に振った車を作るようになってきた。2000ccでも、電動スーパーチャージャーとターボがついていれば、日本では十分に走ることはできる。マセラッティの雰囲気を味わいたいが、エコも考慮したい!というユーザーに合っているのかもしれない。



トヨタ ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024- 8857
車メーカーWEBサイト
トヨタ・ランドクルーザー250 VXディーゼル7人乗りは、広大な空間と高級感を兼ね備えたSUVである。
全長約5メートル、全幅約2メートルの大きさは、一部では大きすぎると感じるかもしれないが、その分、車内は非常に広々としている。3列シートで7人が快適に乗車できる上、シートアレンジによって荷物の積載量も確保できる。
インテリアには高級素材が使用され、特に本革シートとウッドパネルが高級感を演出している。先進的なインフォテインメントシステムや、デュアルゾーンエアコンなどの快適装備も充実している。また、最新の安全技術を搭載し、どんな路面でも安定した走行が可能である。強力なディーゼルエンジンはパワフルな走行性能と優れた燃費性能を両立し、長距離ドライブにも適している。

ランドクルーザー250 VXディーゼルは、広い車内空間と高級感、そして卓越した走行性能を求める人々にとって理想的な選択肢である。


マセラッティ レヴァンテ ハイブリッド GT 2022-

>>車のサイズを比較




SUV   MPV   Hatchback   Wagon   Sedan   Coupe


<< < 1 >

全長が長い順に表示
<< < 1 >



Back to top