車のサイズを比較


クラウン クロスオーバー G と、ランドクルーザー250 VX ディーゼル を比較


クラウン クロスオーバー G の方が 0.5cmだけ長く、610kgも軽い

<車選択 1台目>

トヨタ

クラウン クロスオーバー G 2022- 21315

<車選択 2台目>

トヨタ

ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024- 8857
#クラウン クロスオーバー G 2022- + ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024-

クラウン クロスオーバー Gは、2.5リットル直列4気筒ハイブリッドエンジンを搭載し、システム合計出力は約222馬力である。燃費はWLTCモードで約22.4 km/Lと非常に経済的である。一方、ランドクルーザー250 VXディーゼルは、3.3リットルV6ターボディーゼルエンジンを搭載し、出力は304馬力、トルクは700 Nmである。燃費はWLTPモードで約9.5 km/Lであり、クラウン クロスオーバーに比べて燃費は劣るが、強力なトルクを持つ。

サイズ面では、クラウン クロスオーバー Gの全長は4930 mm、全幅は1840 mm、全高は1540 mmであり、セダンの快適性とSUVの実用性を兼ね備えたデザインが特徴である。一方、ランドクルーザー250 VXは全長4995 mm、全幅1980 mm、全高1945 mmで、より大きく頑丈なデザインを持ち、オフロード走行に適している。

用途において、クラウン クロスオーバー Gは、都市部での使用や高速道路での長距離ドライブに最適な高級クロスオーバーである。一方、ランドクルーザー250 VXディーゼルは、悪路走行やアウトドア活動に適しており、高い耐久性とオフロード性能を求めるユーザーに最適である。

これらの違いにより、クラウン クロスオーバー Gは高い燃費性能と都市型の快適な乗り心地を求めるユーザーに適しており、ランドクルーザー250 VXディーゼルは強力なエンジン性能と優れたオフロード性能を求めるユーザーに最適である。

#クラウン クロスオーバー G 2022- + ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024-
#クラウン クロスオーバー G 2022- + ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024-



サイズ比較
クラウン クロスオーバー G の方が 0.5cmだけ長く、610kgも軽い

A : クラウン クロスオーバー G 2022-
B : ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024-

車種名 長さ 高さ
A 4930mm 1840mm 1540mm
B 4925mm 1980mm 1925mm
+5mm -140mm -385mm
車種名 車重 ホイールベース 最小回転半径
A 1770kg 2850mm m
B 2380kg 2850mm 6m
-610kg +0mm -6m
車種名 荷室容量 乗車人数 最低地上高
A 450L 5 145mm
B L 7 215mm
+450L -2 -70mm

車種名 価格 WLTC燃費
A 475万円 22.4km/L
B 630万円 11km/L
-155万円 +11.4km/L

最高出力比較
エンジンの出力は、クラウン クロスオーバー G の方が 13kW(18PS)出力が低い

A : クラウン クロスオーバー G 2022-
B : ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024-

車種名 エンジン出力 エンジントルク 排気量
A 137kW(186PS)220Nm2487cc
B 150kW(204PS)500Nm2754cc
-13kW-280Nm-267cc

EV性能比較
車種名 モーター出力(F) モータートルク(F)
A 88kW(120PS)202Nm
B --
--
車種名 モーター出力(R) モータートルク(R)
A 40kW(54PS)120Nm
B --
--



トヨタ クラウン クロスオーバー G 2022- 21315
車メーカーWEBサイト
トヨタの伝統クラウンが、2022.7.15にフルモデルチェンジが発表される。
クラウンは、ずっとFRのスタイルを貫いてきたが、今回からFFベースの電動式4WDになる。スタイルも、セダンというよりは、クーペといったデザイン。伝統だったクラウンの面影はもうどこにもない気がする。昔の角ばった風格のあるクラウンが懐かしい。今後は電動化を見据えた大きな変革の波に乗っていくしかないのか。

実際に乗ってみると、FFベースになってしまったことを悲しんでいたのに、なんだか違和感がない。これだけ未来感満載の見た目は、伊達では無いようで、とても気持ちいい乗り心地。これは確かにクラウンを名乗るのにふさわしいかも。

リアのトランクのドアは、ハッチバックのように見えるけど、なんとセダン形式で荷室が完全に分かれているタイプ。SUVのようになっても、クラウンとしての誇りは無くさず、ちゃんと高級車感を持ってくれていました!



クロスオーバーといっても、テールゲートはハッチバックタイプではなく、トランクだけが開く完全なセダン。
後席より後ろがかなり長い感じ。5メートル近い全長で伸びやかな印象。


後席より後ろが長いだけに、トランクはかなり広め。
ゴルフバック2つが悠々と入ってしまっていた。さすがクラウン。


白いクラウンは、だいぶ落ち着いている感じで、これならクラウンと言っていいかも?と思ってしまった。
白と黒のコントラストがいい感じ。


クラウンの一番かっこいいところは、やっぱりこのリアビューかも。
横一文字のテールライトは、だいぶみんなが採用していて、新鮮感はないけど、とてもまとまり感のあるリアガラスからテールランプ、リアバンパーまでの流れが美しい。


内装は、クラウンらしく落ち着いた感じ。
最近はやりの、高級ファブリックもしっかりしていて、座っていて心地よかった。






トヨタ ランドクルーザー250 VX ディーゼル 2024- 8857
車メーカーWEBサイト
トヨタ・ランドクルーザー250 VXディーゼル7人乗りは、広大な空間と高級感を兼ね備えたSUVである。
全長約5メートル、全幅約2メートルの大きさは、一部では大きすぎると感じるかもしれないが、その分、車内は非常に広々としている。3列シートで7人が快適に乗車できる上、シートアレンジによって荷物の積載量も確保できる。
インテリアには高級素材が使用され、特に本革シートとウッドパネルが高級感を演出している。先進的なインフォテインメントシステムや、デュアルゾーンエアコンなどの快適装備も充実している。また、最新の安全技術を搭載し、どんな路面でも安定した走行が可能である。強力なディーゼルエンジンはパワフルな走行性能と優れた燃費性能を両立し、長距離ドライブにも適している。

ランドクルーザー250 VXディーゼルは、広い車内空間と高級感、そして卓越した走行性能を求める人々にとって理想的な選択肢である。


トヨタ クラウン クロスオーバー G 2022-

>>車のサイズを比較




SUV   MPV   Hatchback   Wagon   Sedan   Coupe


<< < 1 >

全長が長い順に表示
<< < 1 >



Back to top