車のサイズを比較


Q5 TDI quattro と、NBOX G Honda SENSING を比較


Q5 TDI quattro の方が 128.5cmも長く、1010kgも重い

<車選択 1台目>

アウディ

Q5 TDI quattro 2017- 112999

<車選択 2台目>

ホンダ

N-BOX G Honda SENSING 2017- 58986
#Q5 TDI quattro 2017- + N-BOX G Honda SENSING 2017-



#Q5 TDI quattro 2017- + N-BOX G Honda SENSING 2017-
#Q5 TDI quattro 2017- + N-BOX G Honda SENSING 2017-



サイズ比較
Q5 TDI quattro の方が 128.5cmも長く、1010kgも重い

A : Q5 TDI quattro 2017-
B : N-BOX G Honda SENSING 2017-

車種名 長さ 高さ
A 4680mm 1900mm 1665mm
B 3395mm 1475mm 1790mm
+1285mm +425mm -125mm
車種名 車重 ホイールベース 最小回転半径
A 1900kg 2825mm 5.5m
B 890kg 2520mm 4.5m
+1010kg +305mm +1m
車種名 荷室容量 乗車人数 最低地上高
A 550L 5 185mm
B L 4 145mm
+550L +1 +40mm

車種名 価格 WLTC燃費
A 649万円 0km/L
B 万円 0km/L
+649万円 +0km/L

最高出力比較
エンジンの出力は、Q5 TDI quattro の方が 97kW(132PS)も出力が高い

A : Q5 TDI quattro 2017-
B : N-BOX G Honda SENSING 2017-

車種名 エンジン出力 エンジントルク 排気量
A 140kW(190PS)400Nm1968cc
B 43kW(58PS)65Nm-
+97kW+335Nm-

EV性能比較



アウディ Q5 TDI quattro 2017- 112999
車メーカーWEBサイト
アウディの中間的な大きさのSUV。日本で見ると少し大きめのSUVだけど、ATでの加速は軽快で気持ちがいい。精悍な見た目の美しさは格別。所有するよろこびを感じさせてくれる。

フロントのグリルは、アウディのSUVらしい6角形のグリル。
デイタイムライトの光り方も上品。


シンプルだけど、しっかりと個性が感じられるリアビュー。
スッキリとまとまっている感じが、み気持ちいい。


しっかりと広いラゲッジスペース。
旅行の荷物も楽々乗せられる。ただ、キャンプに行くには、ちょっと上品すぎるような気もする。


イグニッションボタンを押すと、正面の液晶メーターに、オープニングアニメーションが流れて、気持ちを高揚させてくれる。
液晶の解像度も高く、見ていて気持ちがいい。


ハンドルもまた、質感が高い。
車に乗っている時は、いつも触っているところだから、ここが質感高いと、全体の良さをさらに引き上げてくれる。


ナビ画面は、ちょっと小さめで、ここに関してはやっぱり古さを感じてしまう。


ナビの下のアンビエントランプは、優しく間接照明になっている。
この高級感は、たまらない。


ドア内側のハンドル周りも、しっかりと装飾されていて、抜け目がない。
つい、意味もなく触りたくなってしまう。




ホンダ N-BOX G Honda SENSING 2017- 58986
車メーカーWEBサイト
ホンダのハイト系軽自動車。
2022時点で、日本で一番売れている自動車になる。決して安い値段設定ではないが、ハイト系にすることで、普通乗用車よりも広く感じられる室内空間がある。
車内の質感も気が配られていて、軽自動車であるというチープな印象は、全く感じられない。

優しい見た目の通常のモデルに加えて、だいぶイカつい雰囲気のカスタムが用意されていて、幅広いユーザーのニーズにも応えている。

試乗してみて
実際に乗ってみると、そのエンジンパワーは、ちょっと軽自動車とは思えなかった。
ターボ付きだけど、低回転からモリモリとパワーを感じて、かなりキビキビ走れる。
ハイト系なので、普通の軽自動車に比べたら重い車体のはずなのに、なんでこんなにキビキビ走れるんだろう。
軽自動車は、660ccしかないエンジンで、高回転まで回さないと走らないイメージがあったけど、なんだか普通乗用車のように、高回転まで回さなくても十分走れてしまった。

車内の質感も、セカンドカーとしてではなく、メインカーとして十分満足できる仕上がり。
室内も広くて使い勝手もよく、これで車中泊とか行きたくなる気持ちがわかってしまった。



こちらの写真は、ちょっとイカつい系のカスタム。
グリル周りが黒でスッキリまとまっていて、かっこいい。


リアビューも、結構デザインされている感じがある。
不思議な形のテールランプが特徴的。


スピードメーターは、最近はやりのフル液晶ではなく、アナログメーター。
フル液晶にしてしまうと、やっぱりコストに跳ね返ってしまうし、こういうシックなメーター周りもまたかっこいいと思う。


全く窮屈感のない前席。
この広さのせいで、ステップワゴンが売れないのかな・・・


ナビ周りの収まりもいい感じ。
まとまっていて、なんだか安心感がある。


後席は、スライドもできてかなりゆったり。
なんで軽自動車なのに、こんなにゆったり作れるのかというと・・・功績がバックドアにピッタリくっついているくらい、後ろに配置されているからですね。後ろから突っ込まれるタイプの事故には、やっぱり弱そう。というのが、軽自動車の弱点かな。





アウディ Q5 TDI quattro 2017-

>>車のサイズを比較




SUV   MPV   Hatchback   Wagon   Sedan   Coupe


<< < 1 >

全長が長い順に表示
<< < 1 >



Back to top