車のサイズを比較


シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り) と、クラウン クロスオーバー G を比較


シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)の方が 67cmも短く、410kgも軽い

<車選択 1台目>

トヨタ

シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)2022- 22411

<車選択 2台目>

トヨタ

クラウン クロスオーバー G 2022- 15746
#シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)2022- + クラウン クロスオーバー G 2022-
#シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)2022- + クラウン クロスオーバー G 2022-



#シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)2022- + クラウン クロスオーバー G 2022-
#シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)2022- + クラウン クロスオーバー G 2022-



サイズ比較
シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)の方が 67cmも短く、410kgも軽い

A : シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)2022-
B : クラウン クロスオーバー G 2022-

車種名 長さ 高さ
A 4260mm 1695mm 1695mm
B 4930mm 1840mm 1540mm
-670mm -145mm +155mm
車種名 車重 ホイールベース 最小回転半径
A 1360kg 2750mm 5m
B 1770kg 2850mm m
-410kg -100mm +5m
車種名 荷室容量 乗車人数 最低地上高
A L 7 140mm
B 450L 5 145mm
-450L +2 -5mm

車種名 価格 WLTC燃費
A 269万円 km/L
B 475万円 22.4km/L
-206万円 -22.4km/L

最高出力比較
エンジンの出力は、シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)の方が 70kW(95PS)も出力が低い

A : シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)2022-
B : クラウン クロスオーバー G 2022-

車種名 エンジン出力 エンジントルク 排気量
A 67kW(91PS)120Nm1490cc
B 137kW(186PS)220Nm2487cc
-70kW-100Nm-997cc

EV性能比較
車種名 モーター出力(F) モータートルク(F)
A 59kW(80PS)141Nm
B 88kW(120PS)202Nm
-29kW-61Nm
車種名 モーター出力(R) モータートルク(R)
A --
B 40kW(54PS)120Nm
--



トヨタ シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)2022- 22411
車メーカーWEBサイト
トヨタの主力ミニバンの1つ。フルモデルチェンジを受けて3代目になった。

2代目のシエンタは、ミニバンなのに、ちょっと低く構えた車体がカッコ良かったが、今回はちょっとかわいくなった気がする。2代目で特徴的だった歌舞伎役者のようなフロントバンパーのヒゲはなくなり、アクアのような雰囲気のフロントマスクに。だいぶルノーのカングーのように見えるのは、私だけでしょうか・・。

2代目から車体サイズが大きくならなかったのは嬉しいところ。室内空間は改善が図られて、少し広くなっている。メーターやナビ周りも、液晶画面が大きくなって、ちょっと今どきな感じに。



2代目の歌舞伎役者のようなヒゲとは全然違うフロントマスクになった3代目。

2代目を所有していて、2代目のフロントマスクのちょっとシャープな感じがとても気に入っていた身としては、今回の少しかわいくなったマスクが、まだ受け入れられていない・・・。
シエンタのキャラクター的には、このちょっとかわいくなった顔が似合うのかもしれないが、2代目が大ヒットだっただけに、2代目のように売れまくるのか気になるところ。




2代目でも広かったラゲッジスペースが、さすが3代目。全長は変わらずなのに、さらに広くなった。床が低くなったのが素晴らしく使いやすい。


運転席まわりも、さらにスッキリと使いやすくなった感じ。ナビ画面も大きくなって使いやすい。ウォークスルーができるように、運転席と助手席の間も、ちゃんと空いている。
ファブリックシートの手触りもよく、しっかりしていてへたらなそう。


バックドアを閉めた状態のリアビュー。
前モデルのシエンタよりも、だいぶ丸っこくなって、よりファミリーカーっぽくなった。
こっちの方が、本来の姿かな?


黒いシエンタは、他のシエンタとは全くイメージが違う感じ。
グリルも含めて、全部黒になるので、全体が黒になって、だいぶスッキリ。
男性に好まれる感じかも。






トヨタ クラウン クロスオーバー G 2022- 15746
車メーカーWEBサイト
トヨタの伝統クラウンが、2022.7.15にフルモデルチェンジが発表される。
クラウンは、ずっとFRのスタイルを貫いてきたが、今回からFFベースの電動式4WDになる。スタイルも、セダンというよりは、クーペといったデザイン。伝統だったクラウンの面影はもうどこにもない気がする。昔の角ばった風格のあるクラウンが懐かしい。今後は電動化を見据えた大きな変革の波に乗っていくしかないのか。

実際に乗ってみると、FFベースになってしまったことを悲しんでいたのに、なんだか違和感がない。これだけ未来感満載の見た目は、伊達では無いようで、とても気持ちいい乗り心地。これは確かにクラウンを名乗るのにふさわしいかも。

リアのトランクのドアは、ハッチバックのように見えるけど、なんとセダン形式で荷室が完全に分かれているタイプ。SUVのようになっても、クラウンとしての誇りは無くさず、ちゃんと高級車感を持ってくれていました!



展示してあった赤と黒のツートンのクラウン。
だいぶ強烈な印象を与えるイメージ。この配色は、高級車というより、完全にスポーツカーですね。かっこいいけど。


クロスオーバーといっても、テールゲートはハッチバックタイプではなく、トランクだけが開く完全なセダン。
後席より後ろがかなり長い感じ。5メートル近い全長で伸びやかな印象。


後席より後ろが長いだけに、トランクはかなり広め。
ゴルフバック2つが悠々と入ってしまっていた。さすがクラウン。


白いクラウンは、だいぶ落ち着いている感じで、これならクラウンと言っていいかも?と思ってしまった。
白と黒のコントラストがいい感じ。


クラウンの一番かっこいいところは、やっぱりこのリアビューかも。
横一文字のテールライトは、だいぶみんなが採用していて、新鮮感はないけど、とてもまとまり感のあるリアガラスからテールランプ、リアバンパーまでの流れが美しい。


内装は、クラウンらしく落ち着いた感じ。
最近はやりの、高級ファブリックもしっかりしていて、座っていて心地よかった。





トヨタ シエンタ HYBRID G 2WD(7人乗り)2022-

>>車のサイズを比較




SUV   MPV   Hatchback   Wagon   Sedan   Coupe


<< < 1 >

全長が長い順に表示
<< < 1 >



Back to top